代表部案内

令和6年1月24日

大使挨拶

 
ASEAN日本政府代表部大使の紀谷昌彦です。2022年11月末の着任直後に、2023年の「日ASEAN友好協力50周年」という歴史的な年を迎えました。2月にジャカルタで開催された50周年キックオフ・シンポジウムを皮切りに、年間を通じて13の日ASEAN閣僚級会議が日ASEANの各地で開催されました。12月には東京で日ASEAN特別首脳会議が開催され、共同ビジョン・ステートメントと実施計画が採択されて、今後の日ASEAN協力の方向性が示されました。
 
共同ビジョン・ステートメントで、日本とASEANは「信頼のパートナー(Trusted Partners)」となりました。共有するビジョンは、共通の原則と価値が保障され、全ての国が平和と繁栄を追求でき、民主主義、法の支配、良い統治、人権及び基本的自由の尊重の原則が守られる世界を目指すことです。そのために、(1)世代を超えた心と心のパートナー、(2)未来の経済・社会を共創するパートナー、(3)平和と安定のためのパートナーの3つの柱の下で、包括的戦略的パートナーシップを強化することを確認しました。実施計画では、この3つの柱に沿った130の具体的協力の項目に合意しました。岸田総理は、この実施のために、「信頼」に基づく「共創」により目指す「平和と繁栄」のためのアクションを発表しました。
 
2024年は、新たな50年のはじまりです。ASEANは、日本にとって4つの意味で重要です。第一に、ASEANはインド太平洋地域の戦略的・地政学的要衝にあります。日本が掲げる「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」を実現するための要です。第二に、ASEANは世界の成長センターです。日本企業の製造拠点、6.7億人の人口を抱える消費市場、脱炭素・デジタルなど新課題への挑戦の場でもあります。第三に、ASEANは重層的な地域協力の中軸(ハブ)となっています。ASEAN主導の地域協力枠組みが発展し、首脳会合や分野別大臣会合が定期化・制度化されています。第四に、日本がいわゆるグローバル・サウスとの関係を強化する上でも、最も身近で多様性に富む存在です。
 
日本は1977年の福田ドクトリンに表明されている「心と心のふれ合う相互信頼関係」を大切にして、ASEANとの交流と協力を弛まず積み重ねていきます。そのような「信頼」の資産を基盤に、日本の技術と経験も生かして、エネルギー移行・気候変動・環境・デジタル化・保健・防災などの地球規模課題・社会課題への解決策を、未来に向けて「共創」することこそ、私たちがこれから進むべき道です。協力の成果をインド太平洋から世界へとスケールアップしていく大きな可能性もあり、課題解決のみならず信頼醸成も進めることで地域と世界の平和と繁栄に貢献できます。同時に、多層的な交流と協力の深化を通じて、日本とASEANが相互に学んで自らを変革し、公正かつ安全で豊かな多文化共生社会を実現することも大事な目標です。
 
2024年が、あらゆる分野で「信頼」と「共創」を推進する新たな出発点となるよう、皆さんと一緒に取組を進めていきたいと考えています。よろしくお願い申し上げます。
 
ASEAN代表部大使 紀谷昌彦

プロフィール

Amb Kiya
ASEAN大使

紀谷 昌彦
(きや まさひこ)
 
生年月日  昭和39年12月23日生
最終学歴  東京大学法学部第二類卒業(昭和62年3月)
採用試験  昭和61年外務公務員採用I種試験
出身地   北海道
<略歴>
昭和62.4  外務省入省
平成10.7  経済局国際経済第二課 首席事務官
  12.8  在アメリカ合衆国日本国大使館 一等書記官
  15.8  在バングラデシュ日本国大使館 一等書記官
  16.1  在バングラデシュ日本国大使館 参事官
  18.4  総合外交政策局国連政策課国際平和協力室長
  20.8  総合外交政策局国連企画調整課長
  22.8  防衛書記官 地方協力局提供施設課長
  24.8  在ベルギー日本国大使館 参事官
  25.1  在ベルギー日本国大使館 公使
  27.3  特命全権大使 南スーダン国駐箚
  29.9  中東アフリカ局アフリカ部・国際協力局 参事官
       TICAD担当大使(29年10月より)
       政策立案参事官(30年4月より)
       NGO担当大使(30年9月より)
令和 1.9  在シドニー総領事館 総領事
令和 4.12 ASEAN日本政府代表部 大使